住宅の購入の仕方

住宅一括購入のメリット

住宅を一括購入する場合

多くの人が住宅を購入する場合はローンを利用すると思いますが、中には一括購入で考えている人もいるでしょう。そこで、一括で支払う場合に気を付けることをご紹介したいと思います。確かにローンを利用することなく現金で購入する方が、金利もなく得ではあります。一番気を付けなければならないことは、住宅を一括で購入したあとに手元に残るお金です。現金で購入場合、子供がいるのであれば教育費と、なにかあった時のために1年ほどの生活費を残しておくとよいでしょう。今は金利も安いので、最初に少しローンを組み、暮らしてみて余裕がある場合に、繰り上げ返済で完済してもよいでしょう。

家を一括購入するメリット

マイホームの購入は人生のなかでも最も高い買い物で、30年や35年といった住宅ローンを組むケースが一般的ですが、なかには蓄えておいた貯蓄のなかから一括購入される人もいらっしゃいます。その場合のメリットにはどのようなものがあるのかというと、ローン金利を支払う必要がないため社会情勢や金利の変化に左右されないことが挙げられます。その他にも抵当権設定費用などの諸費用が不要となるため余計な出費を抑えることができます。さらにはローン申し込みに伴う審査などの手続きがないため、比較的早期に引っ越しすることができるのも住宅一括購入の大きなメリットです。

↑PAGE TOP